薬剤師さんが離島へ転職するメリットとは?

薬剤師の転職先として最近では、ドラッグストアに転職する薬剤師が増えています。その理由のひとつに自宅の近くにあるドラッグストアで働くことで、通勤がラクになるということが挙げられます。もうひとつがドラッグストアでの求人案件が増えていて、アルバイトでも時給2000円は当たり前でなかには時給3000円という高額なところもあります。

そのため病院や調剤薬局を辞めてドラッグストアでアルバイトしたほうが、通勤もラクだし収入も増えるからです。その一方で離島のドラッグストアや病院などに、転職する薬剤師がいることをご存知でしょうか?以前にテレビで離島に移り住み、奮闘する診療医の姿を描いた番組がありました。

でも薬剤師が離島へ転職するメリットとは、いったい何なのでしょうか?たとえば沖縄県には、たくさんの離島が存在します。そんな離島の石垣島で、スキューバダイビングなどのマリンスポーツを楽しんでいる薬剤師がいます。彼女は石垣島に来るまでは、東京の病院で調剤を行っていました。

そして年に2回趣味のスキューバダイビングをするために、石垣島を訪れていました。そんな彼女が石垣島にあるドラッグストアで薬剤師の求人を見つけ、石垣島への転職を決めたのです。彼女の場合はこれまで何度も石垣島を訪れていたので、石垣島の良さを十分に知っていたからです。それに何と言っても趣味のスキューバダイビングを、1年中楽しめることが石垣島への転職を後押ししました。

彼女の場合は趣味のスキューバダイビングが決めてになりましたが、他の薬剤師の場合は離島へ転職するメリットは何なのでしょうか?離島の薬剤師の求人は、ドラッグストアだけではありません。離島にある病院でも、薬剤師を探しているところはたくさんあります。どうしても都市部に就職する薬剤師が多く、僻地や離島に就職するのを嫌がる傾向があるためです。

そうすると需要と供給の関係で、僻地や離島での勤務は給料が高いなど好条件の求人案件が増えます。交通のアクセスが悪く高齢者が多い離島では、在宅医療を実施してる病院もあります。実は医者や看護師は、薬のことはあまり詳しくありません。そのため離島では薬剤師が医者や看護師に同行するケースも少なくありません。

離島へ転職するメリットは何も、給料だけの問題ではありません。離島の住民の方々との触れ合いや自然など、都会にない魅力がたくさんあります。もし離島の薬剤師の求人についてもっと詳しく知りたければ、ランキング上位の薬剤師の転職支援サービスがお勧めです。転職サイトランキングでは、離島の求人案件も豊富に扱っている、リクナビ薬剤師が1位に輝いています。



>>心機一転!離島へ転職!短期でも長期でも無料で求人情報を提供します!<<

離島の薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・海に囲まれた離島での薬剤師の求人探しは、リクルート系の「リクナビ薬剤師」が安心!
  • ・「リクナビ薬剤師」であれば、離島での薬剤師求人数もビツクリするほど豊富です!
  • ・薬剤師の求人案件も離島を含めて35000件と、薬剤師の転職支援サイトのなかでもトップ!
  • ・「薬剤師として、私として、いつも充実していたいから」という気持ちをサポートします!
  • 専任のキャリアアドバイザーが必ずご希望に合う離島での薬剤師の求人案件を探します。
  • ・「リクナビ薬剤師」では薬剤師の方のライフスタイルに合わせた、離島での求人をご紹介!
  • ・「交通の便がいい離島で働きたい!」や「家族連れなので学校の近くがいい!」もOK!
  • ・貴方の資格やスキルを最大限に活かして、離島での好条件の求人案件をご紹介しています。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • ・離島での薬剤師の求人案件を探しているなら満足度94.6%の「マイナビ薬剤師」!
  • 最大級の薬剤師転職サイト「マイナビ薬剤師」なら、離島の薬剤師の求人案件もたくさん!
  • ・厚生労働大臣認可の薬剤師転職サービスのなので、離島の病院や薬局も安心して求人依頼!
  • ・無料で登録するだけで離島の非公開求人案件をコンサルタントが貴方に代わって探します。
  • ・離島での薬剤師の求人案件を紹介するだけでなく、求職の立場に立って徹底サポート。
  • 簡単・納得・安心の3つのキーワードで、離島での薬剤師の就・転職のお手伝いをします。
  • ・情報収集力で知られている「マイナビ薬剤師」だから、離島の薬剤師の求人数も豊富!
  • ・離島の薬剤師求人も、経験豊富な「マイナビ薬剤師」のキャリアコンサルタントなら安心!

詳細はこちら

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
  • ・ファルマスタッフの専任のキャリアコンサルタントが、離島での薬剤師の転職をサポート!
  • ・他の薬剤師の転職支援サイトにはない、離島での薬剤師のとっておきの求人案件もご紹介!
  • ファルマスタッフで転職をした薬剤師の大半が満足!離島求人探しはファルマスタッフ!
  • ・東証上場企業グループが運営のサイトなので安心感が高いというのは評価のポイント。
  • ・離島の求人だけではなく国内エリアであればどこでも対応できる薬剤師向けサイトです。。
  • ・コンサルタントがご希望の条件をよく聞き、貴方に最適の離島での薬剤師案件を探します。
  • ・転職に関する疑問や不安なことも、すべてコンサルタントが代わりに求人先に尋ねます。
  • ・もちろん忙しい貴方に代ってコンサルタントが、面接の段取りから条件の交渉まで代行。

詳細はこちら

離島の薬剤師の仕事内容の実情は?

薬剤師の人材不足は都会でも深刻化しているのですがそれ以上に深刻な薬剤師不足に悩んでいる僻地や離島があります。離島の薬剤師不足は深刻で、離島の薬剤師不足の解決は急務です。では離島の薬剤師の仕事内容の実情とは、どうなっているのでしょうか?

長崎県の薬剤師会が、2008年に実施したアンケート調査があります。長崎県は沖縄県と同様に、多くの離島を抱えています。そこで長崎県の薬剤師会では離島で薬剤師が活動していく上での問題点を探し、その解決に向けて取り組んでいくことを目的として、対馬支部・壱岐支部・五島支部の離島で働く薬剤師を対象にアンケートを実施しました。

このアンケートで明らかになった離島で働く薬剤師の1番の問題は、薬剤師の研修会や講習会や会議などです。船が苦手であったり、移動の時間や費用が掛かるからです。たとえば対馬から佐世保地区に出張する場合は、もし日帰りするとなると滞在できる時間も12時〜15時の3時間だけです。さらに交通費などの費用も、最低で3万円は掛ります。

次に「医薬品の流通に関して感じている問題点は何ですか?」の質問に対しては、「島内に在庫の医薬品がなく、患者さんが急ぐ場合用意できないことがある。」という回答が1番多くありました。このように移動や医薬品の補充などの問題点を抱えていますが、都会にはない魅力も離島にはあります。もし離島の薬剤師の求人についてもっと詳しく知りたければ、ランキング上位の薬剤師の転職支援サービスがお勧めです。

離島の薬剤師に強い求人サイトは?

社会問題にもなっている医療の地域格差の問題は、以前と比べると多少は改善されてきています。僻地や離島で働く医師や看護師の数も増え、地方自治体が中心となり僻地や離島での診療所や在宅医療を実施してるところも増えてきました。一部の薬局のなかには離島で、在宅訪問して服薬指導をしてるところもあります。

例えば沖縄の石垣島などダイビングやスキューバなどである程度名前が知れた離島などは、薬剤師にも人気の地域だったりします。そのため離島でもある程度名前が知れた離島などは、当然のことですが勤め先もかなり制限され薬剤師の就職や転職の競争率も高いのが現状です。長崎県も沖縄県と同じ様に多くの離島を抱えていますが、「休みの日に釣りが楽しめます。」とか「休みの日にキレイな海で泳げます。」などのフレーズが長崎県の対馬や壱岐などの離島での薬剤師の求人広告に見られます。

離島の場合は山間部などの僻地とは違って、基本的に海に囲まれています。船などの乗り物が苦手な方は別にして、マリンスポーツや魚釣りが好きな人にとっては魅力がある場所だと言えます。さらに離島での薬剤師の求人案件は給与なども高額の場合が多く、それも魅力のひとつになっています。

しかし海が多い離島で働くとしても、いいことばかりではありません。離島でも僻地の山間部でも医療現場が、都市部と同じようにはいかないのは事実です。たとえば薬剤師の研修会や講習会や会議などがある場合には、島から船や飛行機でその研修会や講習会が開催されているところまで行く必要があります。離島でも場所によっては、離島のさらに離島などもあります。その場合には離島から小舟などで、フェリーや飛行機が出ている離島まで行く必要があります。

離島で働く場合は移動の問題だけでなく、医薬品の補充などの問題点も抱えています。離島の場合は緊急時に必要な医薬品が在庫になく、急ぐ場合でもすぐには入手できないといった問題が度々起こってきます。しかし都会にはないやりがいを多く感じられるのも、離島の魅力のひとつです。離島で働きたいのであれば、離島の薬剤師に強い求人サイトで探すのが1番です。離島の薬剤師に強い、薬剤師の転職支援サービスの上位ランキングの求人サイトがお勧めです。