トップページ > 奄美大島の薬剤師求人

奄美大島の薬剤師求人

鹿児島県に属し奄美市と龍郷町・大和村・宇検村・瀬戸内町の4つの町で構成される奄美大島は、人口がおよそ6万人の本州など4島以外では佐渡島に次ぎ5番目に大きい島です。年間の日照時間が日本で1番短く、奄美大島の海岸はサーフィンに適しているためにサーファー達に人気があります。

奄美大島を沖縄県と勘違いしている方も多いのですが、奄美の方言は沖縄県の琉球方言の一部で琉球文化の影響を大きく受けています。奄美大島の民謡は沖縄県と同じように島唄と呼ばれ、沖縄民謡と同じく三線が使われ歌い手は唄者と呼ばれています。交通のアクセスは奄美市にある奄美空港に、JAL・JEX・JAC・RAC・SKYの5つの航空会社が運航しています。

さらに航路も奄美大島の名瀬新港と鹿児島港の新港を結ぶ、マリックスラインとマルエーフェリーの2社が毎日運航しています。マリックスラインは鹿児島の新港から奄美大島の名瀬新港に寄港して、徳之島県の亀徳港・沖永良部島の和泊港・与論島の与論港・本部港・那覇を運航しています。

奄美大島の医療事情ですが、奄美市に鹿児島県立病院の大島病院があります。大島病院は結核病床が15床と一般病床が385床の、奄美市と大島郡で構成される奄美保健医療圏の災害拠点病院です。2007年8月31日には地域医療支援病院の承認を受け、エイズ治療拠点病院などさまざまな機能を持っています。

病院の理念は「公立病院として奄美の医療に貢献し、住民に信頼される病院を目指します。」で、2013年までに救命救急センターを設置してドクターヘリを運航することを目指しています。また奄美市には県立病院の大島病院の他にも、亜急性期病床含む一般病床数が99床の奄美中央病院などいくつかの病院や診療所があります。

気になる奄美大島の薬剤師求人ですが、ハローワークや薬剤師の転職サイトに掲載されている求人案件はあまり多くありません。薬剤師の求人の多くが人材派遣会社の求人案件で、病院と調剤薬局やドラッグストアでの正社員募集がほとんどです。

病院は地理的な離島はあっても人の生命に離島があってはならないを合言葉に、50年間ほど奄美大島の地域医療に携わっています。勤務は4週6休で、週に37時間勤務です。給与は年俸が387万〜728万円です。またドラッグストアの薬剤師求人案件は調剤なしで、勤務時間は9:00〜23:00で給与は年俸が500万〜600万円です。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!