トップページ > 淡路島の薬剤師求人

淡路島の薬剤師求人

シンガポールとほぼ同じ面積を持つ淡路島は南北の距離が約53kmで、東西の距離が約22kmあり周囲がおよそ203kmです。本州の4島を除くと、対馬に次いで7番目の大きさを持つ瀬戸内海では最大の島です。兵庫県に属し意外に思われるかもしれませんが、淡路市・洲本市・南あわじ市の3つの市から成り立っています。

本州と四国を結ぶ神戸淡路鳴門自動車道が淡路島を縦断していて、兵庫県の神戸市から1998年に開通した明石海峡大橋を渡り淡路島に行くことができます。さらに1985年に開通した大鳴門橋で鳴門海峡を渡ると、四国の鳴門市に繋がっています。大鳴門橋の開通当初は、橋の上から鳴門の渦潮を見ようとするドライバーが後を絶ちませんでした。そのため橋の区間全体に、停駐車禁止と路側走行禁止の標識が出されました。

また淡路島と鳴門市を就航していた日本で最初の本格的なフェリーとも言われる鳴門フェリーが廃止されたため、現在ではこの大鳴門橋の他には淡路島と鳴門市を行き来する交通の手段がありません。さらに神戸淡路鳴門自動車道は自動車専用道路であるため、徒歩・軽車両・原動機付自転車・小型自動二輪車・ミニカーで淡路島と四国間を行き来することができません。

淡路島の医療事情ですが淡路島には、洲本市医師会・南あわじ市医師会・淡路市医師会の3つの医師会があります。病院も淡路市には聖隷淡路病院・津名病院・東浦平成病院があり、洲本市には兵庫県立淡路病院と洲本伊月病院があります。また南あわじ市には、翠鳳第一病院・中林病院・平成病院・八木病院があります。

淡路島の薬剤師求人はとても多く常時300件前後の求人案件が、薬剤師の転職支援サイトなどに掲載されています。求人先は病院や調剤薬局での調剤業務や服薬指導が多く、正社員およびアルバイト・パートの求人が同時に掲載されています。給与は年収で350万〜600万円ぐらいが多く、アルバイトやパートの場合は時給2,200円前後が平均的な相場です。

また調剤する必要がない、ドラッグストアの求人案件も多く見られます。ただ都市部のドラッグストアとは異なり未経験者や新卒の薬剤師ではなく、経験者の薬剤師を求めているドラッグストアが比較的に多いようです。一方の調剤薬局は、未経験者や新卒の薬剤師でもOKのところがほとんどです。さらに人材派遣会社の求人案件も多く、給与は年齢や経験により決定するところが目立ちます。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!