トップページ > 石垣島の薬剤師求人

石垣島の薬剤師求人

沖縄県の石垣市に属する石垣島は沖縄県内では、沖縄本島と西表島に次いで3番目に大きい島です。人口がおよそ45,000人の石垣島ですが、島は開発が進んでいて森林の面積は多くありません。そのため絶滅の危機に面している貴重な植物や生物も多く、自然破壊が危惧されています。たとえばコナカハグロトンボは沖縄県が絶滅危惧に指定し、ヤエヤマヤシ群落は天然記念物に指定されています。

森林は少ない石垣島ですが珊瑚礁が多い海は、日本でも有数のダイビングポイントとして人気があります。そのため石垣島には毎年多くのダイバーが訪れ、なかには洞窟潜水をするダイバーもいます。また春から秋にかけてはマンタが見られる確率が高いため、日本の他の地域からもダイバーがおおぜい訪れます。

石垣島への交通のアクセスですが石垣島にある石垣空港から、東京の羽田空港をはじめ関西方面にJTAの直行便が運航しています。さらに那覇空港を経由して全国各地の空港に運航しています。九州にも熊本・長崎・宮崎・鹿児島へ運航していて、特に沖縄県の那覇市へは1日に15便が飛んでいるのでとても便利です。石垣空港から市内までは路線バスがあり、所要時間もわずか15分と便利です。

以前は石垣島まで船が就航されていましたが、運航会社が倒産したため現在は就航されていません。ただ石垣島から西表島や近くの竹富島や小浜島までは、フェリー会社がいくつもあり多くの便が毎日運航しています。たとえばドリーム観光のフェリーであれば、西表島までは往復料金が3,390円で竹富島までは1,280円です。

石垣島の医療事情ですが、石垣島には296床で16科目の県立八重山病院の他には診療所がいくつかあります。県立八重山病院は昭和24年7月9日に開設され八重山医療圏で唯一、総合的な診療ができる地域中核病院です。医師の数は43名で看護師は180名いて、その他のスタッフ65名を合わせると全部で288名が働いています。附属の診療所としては、西表西部・大原・小浜・波照間に4ヶ所あります。

県立八重山病院の採用情報は、県立八重山病院のホームページに掲載されています。薬剤師の求人募集は欠員が出た場合のみなので、興味がある方は県立八重山病院のホームページを常にチェックする必要があります。その他の石垣島の薬剤師の求人ですが、薬剤師の転職支援サイトなどに10件前後が掲載されています。

調剤薬局の正社員やアルバイトおよびパートがほとんどで、正社員の場合は年収450万円〜が多く、アルバイトやパートの場合は時給1800円〜になっています。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!

>> 薬剤師以外の石垣島での求人をチェック!