トップページ > 伊豆大島の薬剤師求人

伊豆大島の薬剤師求人

伊豆大島には調剤薬局が存在しています。都内にも店舗を構えるチェーン店が展開していて、その薬局での一般薬剤師求人案件が存在しています。この案件の特徴はなんといっても「好待遇」であることが挙げられます。年収は650万円、さらには住宅手当が手厚く、さらには社宅を用いるのであれば社宅から職場までがとても近いという高待遇、これはそれほど人材が求められているということです。

伊豆地方、そして伊豆大島は、オンシーズンには海水浴を目的とした観光客でとても賑わいます。さらにオフシーズンであってもその景観を楽しむための旅行客、通年後が絶えないサーフィンを楽しむ方で賑わう土地です。メインの産業は観光、そして漁業であり、離島とはいってもその認知度は高く、沿岸部から島を望むことができるほど本土と近い場所に接しています。行政区分的には東京都になっていますが、本土の伊豆地方と密接な関係を築いていることは容易に察しがつきます。

海に面していること、温暖であることから海辺での怪我や過度な日焼けの手当、さらには熱中症に至るまでさまざまな症例に接することになり、処方箋応需の必要もありますが、やはり渡航者を相手にした医薬品販売がメインとなります。伊豆大島は比較的近県からアクセスが容易であり、一泊二日の短期滞在から数日間に渡る滞在までさまざまなスタイルで滞在する方が多いです。

物資に関しても本土と近いことから輸送ルートが強固であり、不足するということはありません。なによりも離島とはいえ本部との関係を保ちつつ営業しているので、判断に困るということがありません。離島で一人きりの薬剤師であれば、自身で判断を下さなければいけない局面も多いのですが、伊豆大島での薬剤師求人においてはそのようなことはあまり気にすることなく応募することができます。

当然、伊豆大島に住居を構えて働くことになりますから、その土地に密着できるか、溶け込めるかということがポイントになります。注意したいのは観光地として知っているその土地の側面だけを考えてはいけないということです。「暮らす」ということになれば、それまで観光だけで見てきたものとは違う部分とも向き合うことになります。暮らしに根ざした部分、その土地の方々とのふれあいも大前提です。

とはいえ、豊かな景色と本土との交通の便が良い事などからとても条件の良い薬剤師求人案件であることにはかわりがありません。それまで都会で働いていて、通勤や都会の雑踏に疲れたという方にはとてもオススメの案件です。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!