トップページ > 久米島の薬剤師求人

久米島の薬剤師求人

久米島と言えば東北楽天ゴールデンイーグルスが、発足からキャンプを行っていることで広く知られるようになりました。人口が約1万人の久米島は面積が59.11kmで沖縄県内では、沖縄本島・西表島・石垣島・宮古島に次いで5番目に大きな島です。火成岩からなる島で全長5キロ以上のサンゴ洲があり、ダイビング地としても有名です。

1998年には日本国内で唯一の淡水性のヘビであるキクザトサワヘビなどが生息する、久米島の最高峰である宇江城岳がキクザトサワヘビ生息地保護区の管理区域に指定されました。さらに2008年にはキクザトサワヘビが絶滅危惧種であるため、生息地の宇江城岳はラムサール条約にも登録されました。

久米島への交通のアクセスですが空路は、日本トランスオーシャン航空の737-400と琉球エアーコミューターのDHC-8-100が久米島空港と那覇空港とを1日に何便か運航しています。さらに日本トランスオーシャン航空が毎年、7月の中旬から9月にかけて東京の羽田空港へ1便だけ運航しています。

航路は久米商船が久米島の兼城港から渡名喜島を経由して、那覇港へ午前と午後の2便だけ運航しています。ただしゴールデンウィークと8月を除く月曜日は、船がドック入りする場合は午前のみの運航になります。以前は4月から10月のあいだは季節運航で高速船が運航していましたが2004年に廃止されました。

久米島の医療事情ですが久米島には、公立久米島病院をはじめいくつかの診療所が存在します。公立久米島病院には内科に4名、小児科に1名の医師が常勤しています。内科は火曜日から土曜日は14:00〜16:00まで診察を行っていて、小児科は毎週木曜日の15:15〜16:30まで診察を行っています。

公立久米島病院では、1名だけですが薬剤師を募集しています。雇用形態は臨時的任用で雇用期間は1年ですが、必要と認めた場合には更に更新することができます。勤務時間は8時30分〜17時15分で、週休2日制です。夏季休暇の5日間とは別に、年次有給休暇は年間に10日前後取得することができます。

給与は薬剤師の経験年数が10年の場合で、243,100円と特地手当ての29,000円が支給されます。また賞与は3.95ヶ月で、社会保険は、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険が完備されています。さらに月に8,520円で公舎を利用でき、採用が決まった場合には赴任旅費もあります。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!