トップページ > 宮古島の薬剤師求人

宮古島の薬剤師求人

宮古島・池間島・来間島・伊良部島・下地島・大神島の大小6つの島で構成されている宮古島市ですが、宮古島は沖縄県内では沖縄本島・西表島・石垣島に次いで4番目に大きい島です。直角三角形のような形をした主として石灰岩からなる島で、最も高い地点のンキャフス嶺とナカオ嶺でも標高が115mです。島の北側の海域には八重干瀬と呼ばれる浅瀬が、宮古島の面積の3分の1に及び広がっていてダイビングスポットにもなっています。宮古島市の総面積は204平方kmで島全体が平坦で、約55,000人の島の住民のほとんどが平良地区に集中しています。

大きな河川もないために生活用水のほとんどを地下水に頼っているため、宮古島では地下水を守ることと環境作りの目的のために「エコアイランド宮古島」を宣言しています。1993年2月にはプロ野球のオリックスが宮古島で初のキャンプを実施し、その後も宮古島ではプロ野球チームがキャンプを行っています。また毎年全日本トライアスロン宮古島大会が開かれ、島全体がトライアスロン大会を支援しています。

宮古島への交通のアクセスですが1943年に旧日本軍により海軍飛行場として建設された宮古空港から、日本トランスオーシャン航空東京国際空港・関西国際空港・那覇空港・石垣空港へ、また琉球エアーコミューターが那覇空港・多良間空港・石垣空港へ運航しています。スカイマークも那覇空港まで運航しています。宮古空港は中型ジェット機が離着陸可能な施設を整えていますが、現在のところ小型ジェット機かプロペラ機の発着のみとなっています。

航路は宮古島にある平良港から那覇市や石垣島の他に、伊良部島と多良間島へ定期船が就航しています。第4埠頭からはカーフェリーの「フェリーゆうむつ」と「フェリーはやて」が、また高速旅客船の「うぷゆう」と「スーパーライナーはやて」が伊良部島の佐良浜港まで就航しています。所要時間はカーフェリーの場合で約25分で、高速旅客船の場合で約15分と快適です。

宮古島の医療事情ですが宮古島には総合病院として沖縄県立宮古病院が、また病院としては宮古島徳洲会病院と宮古南静園があります。さらに療養所としては多くの個人クリニックや病院が存在しています。宮古島の薬剤師求人ですが、薬剤師の転職支援サイトなどに20件前後が掲載されています。

求人案件のほとんどが薬局と調剤薬局で、給与は年収で400〜600万円と幅があります。正社員での募集が多く、アルバイトの場合は時給1700〜2000円での求人になっています。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!