トップページ > 西表島の薬剤師求人

西表島の薬剤師求人

沖縄県に所属する西表島の人口は約2300人で、それぞれが島でしっかりと根付いて生活しているのですが、医療施設に乏しく、体調を崩した際には頼るべきところがないというとても不安定な状態です。

西部には診療所があり、西表島での薬剤師求人は、島民にとってみれば自分たちの健康を左右する「医師」の募集と等しいということになります。さらに、西表島の気候は亜熱帯です。独特なその気候で本土とはまた違った疾患が蔓延することもあります。かつては「マラリア」が蔓延したこともあり、急を要する処置に際しても、まず頼れるのは薬剤師だけですから、その重要さがわかるというものです。

西表島といえば絶滅が危惧されているイリオモテヤマネコがイメージとして湧いてきますが、島内には100数匹しかいません。普段の生活で目にすることはあまりありません。さらには、西表島のほとんどが「山」となっていて、人が暮らせる平野部がとても少ないのも特徴です。人口の少なさはそのような地形にも関係しています。沖縄本島に続いて2番目に大きな島であるのですが、人口が極端に少ないので、人が暮らすコミュニティも狭い範囲に限られています。

自然は豊かであり、人が暮らすのが難しいほどであるのはまさに「離島」であり、さらには島内に薬局が存在するのかどうかが定かではありません。石垣島には存在します。産業としては観光がメインであり、ほとんどの方が自営業を営んでいます。ペンションを経営するか、もしくは農業などで身を立てている方がほとんどです。一般的な薬剤師としての仕事は保証できないのですが、その資格を活かす方法はいくらでもあります。

観光に訪れる人が多い中、限られた医療機関である診療所ではその能力を確実に活かす必要があり、そこで就労するのであれば背負うべき責任はとても重大です。観光は盛んですから、短期間での人の出入りはとても激しく、渡航者が体調を崩したり怪我をしたりすれば、真っ先に対応することになります。

離島中の離島ともいえる西表島では薬剤師求人自体、見つけることがなかなか難しいのですが、その資格を活かして島に貢献したいという気持ちがあるのであれば、アプローチの方法はいくらでもあると考えられます。ペンションに医薬品を充実させて安心を売りにする、あるいは自ら薬局を開業するなど、島の生活に根ざした貢献の方法を考えること、さらには自身の資格を活かすことは、とてもやりがいのあることだといえます。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!