トップページ > 種子島の薬剤師求人

種子島の薬剤師求人

種子島は鹿児島県に所属し、複数の薬局が3万3千人の住民の暮らしを支えていて、島の面積は奄美大島、屋久島に続いて県内でも広い部類に入ることから、「離島」という意識もあまり抱くことなく暮らしている方が多いです。歴史的には銃器の名前として広く知られた島です。国内の宇宙開発、研究機構である「JAXA」の施設も備えていて、国の各種機関も存在していることから、閉鎖されたイメージはまったくなく、さらにはさまざまな産業で本土と関わることも多いため、いわゆる隔絶された地方というイメージはまったくありません。

薬剤師求人の条件を見てみても本土となんら遜色ない条件が提示されていて、病院の薬剤師も含めれば幅広い職場から自身のキャリアに適したものを選ぶことができます。さらにはiターンを歓迎していて、人材が足りない状態が常に続いているため、条件の交渉にも余地が多分にある薬剤師求人が多いです。

温暖な気候は冬でも日中20度を超える日が多く、最低気温も10度程度なので、年中快適に過ごすことができます。島のレジャーとしてはサーフィンが盛んで、温暖な気候を求めて一年通して渡航者も多いです。鹿児島本土と密につながる交通機関が整備されていて、高速船、フェリー、さらには飛行機で一日3000人の方を島に招くことが可能なほどです。

観光業はやはり盛んですが、宇宙センターがあることから、一般的な「南の島」とは一風変わって「打ち上げ見学」などのツアーも組まれます。周辺の美しい海に象徴される大自然と、人間が作り出した科学技術の結晶である宇宙開発が融合した独特の魅力を持つ地域です。

多く見られる事態としては、南の島特有の「日差し」のため、渡航者が熱中病を発したり、日焼けのしすぎでやけどを負ったりということです。そのような症状に対する備えも特に豊富です。加えて海難事故もやはり多いので、各レスキュー、医療機関でもそのような事態に備えています。それまで内陸部で働いてきた薬剤師の方にとっては、そのような立地の病院などでどのような医薬品を揃えるのかという勉強にもなります。

歴史上、「鉄砲の種子島」を生み出していて、現代ではそれが「ロケット」になっているという、離島でありながらも「最先端」であるということは島民の誰もが感じているため、地方だからという気後れもなければ、本土に対しての敵愾心もありません。朗らかな人柄が多い印象もあるため、外部から移住してもすぐに馴染むことができます。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!