トップページ > 徳之島の薬剤師求人

徳之島の薬剤師求人

長崎県の玄界灘にある対馬島、そしてその対馬島と本土の中間に位置している壱岐島では薬剤師求人があります。対馬では人口が5万人ほど、壱岐では2万7千人ほどが居住していて、生活圏としては決して人が少ないということもなく、複数の薬局が営業中であり、病院も存在するため、「離島」とはいっても地方自治体としては独立した行政と、生活が成立した地域です。

対馬・壱岐は日本海に位置するため冬などは気候も厳しく、日本海が荒れることも度々あるため、十分な物資の備蓄が全島挙げて行われています。かつては国防上重要な拠点とされ、軍の施設なども置かれていたこともあり、日本が有する「離島」としては比較的早い段階から近代化が進み、移り住んだとしても生活になんの支障もない場所でもあります。

薬剤師求人の条件を見てみると、経験やキャリアがあれば高待遇で働くことができ、マイカー通勤がOKなど、地方の薬局というイメージとさほど変わりません。島全体の産業も漁業に偏っているわけではなく、対馬では林業として「対馬ひのき」をブランド展開しているほどです。空港も備えているため物資に事欠く局面も少ないでしょう。

歴史も古く、古代からの古文書を有した土着の家系も数多く存在していて、独自の「文化」を築いています。そのため「離島で働く」というイメージとは裏腹に、それぞれの住民の方が独立した意識、本土との関わりはもちろん保ってはいるものの、列島として生活を成立させている自負もあります。

位置的な背景から、古来中国大陸との関わり、特に戦乱の歴史を持っていて、数度侵攻されたこともあります。国際情勢は現在では比較的安定的ですが、情勢が真っ先に生活に影響を及ぼすかもしれないという若干の緊張感はあります。ただ、土地的にはずっと「日本」であり、文化の中に大陸の影響は見られるものの、いわゆる「大陸的な色」が濃いわけではありません。生活をしてもなんら違和感なく過ごすことができます。

地方都市の多分に漏れず過疎化が懸念される地域ではありますが、一方で古代から続く家も多いため、帰属感覚が多い地域です。そのため長く暮らすことを意識して移り住むほうがいいです。長崎の人特有の明るさと、豊富な産業によって裏打ちされた豊かな暮らしがそこにあり、薬剤師求人ではそのような生活、文化、環境をそのまま飲み込める方が求められています。決して狭いコミュニティでもないので、閉鎖された感覚は一切ありません。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!