トップページ > 対馬・壱岐の薬剤師求人

対馬・壱岐の薬剤師求人

伊豆大島と匹敵して著名な八丈島ですが、大島と比べると本土からかなり離れた場所に位置しています。そのため、八丈島単体で医療機関を充実させる必要があり、町立病院での薬剤師求人もあります。本土との距離が離れているということは、緊急的な患者の搬送なども相応の時間がかかってしまうということです。また、物資を調達するためにも同等かそれ以上の時間がかかります。

10000人に満たない人口であっても、そこには人の暮らしがあり、それぞれの人の健康があります。少し体調を崩したくらいで本土の病院に頼るわけもいかず、町が運営する形で病院が置かれ、いくつかの薬局が存在しています。温暖な気候から「日本のハワイ」と呼ばれることもあるほどで、一年中を通して渡航者も多いです。産業として貴重な「観光事業」を支えるためにも、八丈島内で一定の医療水準を維持することは必要です。

渡航者が体調を崩しても島で治療ができ、必要な医薬品を提供することを可能にするのは、実際に知識とスキルを持った専門家です。設備だけでは医療は成らないので、継続して人材を確保したいという思惑が島の病院、薬局には常に存在しています。もちろんそこで暮らしながら働くことになりますから、その土地を愛せる人である必要があります。さらには島外からの渡航者に対して「また来たくなる」と感じられるような対応をとることができれば尚更歓迎されます。

離島であるからといって、できないことが多すぎるのでは、八丈島と本土の位置関係的に難があります。薬剤師求人に求められているのは、離島であっても関係なく訪れる方にしっかりとしたサービスを提供できること、さらには人口が減りつつある島の現状を理解することです。長く働くことはもちろん、島で家庭を築くことも大切です。

「町起こし」だけがすべてではないですし、海が好きだから、自然が好きだから、何よりもこの島が好きだからという気持ちはもちろん大切です。その気持ちの延長線上に島の未来を見据える意識があれば、なお働き甲斐を持つことができます。

東京都に所属しているとはいえ、単独の自治体制で住民の暮らしを支えています。薬剤師の仕事を通じてできること、つまり島の方々の健康を守ることや訪れたすべての人の健康を守ることを通じて、「いいところだ」と誰もが感じるような土地にすること、そこで「暮らしたい」と考える人がもっとたくさん増えるようにすることができるのです。

>> TOPページで離島の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!